リーフデンタルクリニック

054-293-7156

スタッフ募集

リーフデンタルクリニック

WEB予約 TEL
 

インプラント

Implant

インプラント

インプラント

インプラント治療とは、虫歯や歯周病の進行、打撲などの外傷のほか、先天的な原因などにより歯を失った場合に、歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。インプラント治療は、なくなった歯が一本の場合から、すべてなくなった場合まで有効です。

インプラントの種類について

インプラントの種類について

リーフデンタルクリニックではストローマン社製のインプラントを使用しております。ストローマン社製インプラントは世界で最も歴史が長く、シェアも多い信頼性のあるインプラントメーカーです。

ストローマンパートナー

当院はそのインプラントを使用しており、ストローマンパートナー社公認のストローマンパートナーにも加入認定されております。患者様のお身体に埋入するインプラントですので、安全性と信頼性の高いインプラントを使用することを心掛けております。
また、ストローマン社は50年にもわたり、患者さんのQOL(生活の質)向上を目指してインプラントの研究や開発を続けています。長期的な臨床研究による裏付けがあることも、世界でトップクラスのシェア率を誇る理由の一つだと言えるでしょう。

インプラント 1本 350,000円(税別)
骨増生 1箇所 50,000円(税別)
ソケットリフト 1箇所 50,000円(税別)

インプラントの寿命

インプラントの寿命

インプラントの寿命を延ばすためには、天然歯と同じように正しくお手入れすることが大切です。日頃のケアに加え、定期的なメンテナンスを受けることで、健康な状態を保つことができます。
毎日の歯磨きを怠ってしまうとインプラント周囲炎になるリスクが高まり、最終的にインプラントが抜け落ちてしまう最悪のケースを招く恐れもあります。
リーフデンタルクリニックでは、インプラント治療後のメンテナンスだけではなく、患者様が正しくケアを行えるようサポート環境もご用意しております。

インプラント治療の前にCTでの撮影は必要?

インプラント治療の前にCTでの撮影は必要?

CTを撮影することで、上顎、下顎の骨の3次元的構造、骨の内部にある神経や血管の走行、さらにインプラント埋入予定部位の周囲の組織の状況が明らかになります。全ての症例にCT撮影が必須であるとは言えません。
しかし、CTを撮影することで、顎の3次元的な解析が可能ですので、より安全で確実なインプラント治療に繋がることは確かです。

インプラント治療にかかる期間

インプラント治療にかかる期間

インプラントは歯を失った場所に人口根を埋め込むため、手術が必要となる治療になります。症例によって治療にかかる期間は異なりますが、通常は3~6ヶ月程度となります。
インプラントの手術は歯の健康状態が良好であることが重要になるため、虫歯・歯周病・歯並び等、歯に何かしらのトラブルを抱えている場合は、その治療が終わった後にインプラントの手術を行うことになります。

インプラントと歯周病

インプラントと歯周病

歯周病は成人の半数以上が抱えている歯の病気と言われていますが、インプラント治療を始める前に歯周病の治療を行うことでインプラント治療も可能となります。 歯周病の状態は患者様によって変わってきますが、歯周病は完治することはなく、適切な治療を受けることで健康状態を保つことができます。
インプラント治療後は、インプラントに加え、歯周病の定期健診とメンテナンスをしっかり行うことで長期にわたり健康状態を維持することが可能となります。ト

インプラントのメリット

インプラントに使われるチタンは、アレルギーも少なく、かみ合わせに耐えられる強度があります。チタンと骨が結合するのでしっかりと固定することができ、治療後は違和感がないため、天然の歯と変わらないかみ合わせを実現できます。

また、最大のメリットなのが残っている他の歯を削ったり、装置をつけたりすることもありません。他の歯に負担をかけずに治療ができるのです。
入れ歯やブリッジは周りの歯を削ったり、負担をかけたり、長期的にお口の崩壊を助長する結果に繋がります。噛み心地は、天然歯と比較して、インプラント90%以上、入れ歯最大60%程度と言われております。

他の治療法との違い

インプラント インプラント
治療法

歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。

メリット
  • ・周りの歯への負担が少ない
  • ・見た目は天然の歯と違和感がない
デメリット
  • ・自由診療のため治療費が高額になる
  • ・完成まで治療期間が長い(3ヵ月前後、最大6ヵ月)
ブリッジ ブリッジ
治療法

ブリッジとは、なくなった歯の両隣の歯を削って橋げたとし、そこに橋を渡すように人口の歯をかぶせる治療法です。

メリット
  • ・保険適用で治療費を抑えられる
  • ・天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない
デメリット
  • ・健康な歯を削る必要がある
  • ・削った歯が虫歯や歯周病になるリスクが高まる
  • ・失った歯の分まで支えとする歯で噛む力を負担するので、長期的に無理をさせている状態。最終的には抜け落ちてしまうリスク大
  • ・長いキョリのブリッジになるほどリスク大
部分入れ歯 部分入れ歯
治療法

部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのばねをひっかけて固定する治療法です。

メリット
  • ・保険適用で治療費が抑えられる
  • ・条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能
デメリット
  • ・固定のばねが目立ち、見た目が悪い
  • ・装着に違和感があることが多い
  • ばねにつかまれいる歯は少し無理をさせている。将来的に揺れてしまう。抜け落ちてしまう可能性もあり。
  • 咬んだ際にレジンが当たって痛いことが多い。異物感の感じることが多く、入れていられない方も多い。
総入れ歯 総入れ歯
治療法

総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合の治療法です。プラスチックの土台に人工歯が固定されており、それを歯茎に装着します。

メリット
  • ・保険適用で治療費が抑えられる
デメリット
  • ・歯茎が痩せるため、数年ごとの作り替えが必要
  • ・装着の違和感、話しにくさがあることが多い
  • ・下顎の総入れ歯は不安定なことが多く、当たって痛みを感じることもある。

インプラント治療の注意点

インプラント治療の注意点

インプラント治療は外科手術であるため、治療を受けるには全身の健康状態が良好である必要があります。また、治療期間は長く、保険適用外のため治療費は高額になりがちです。

ご自身の天然歯を金額に換算するといくらと言われているかご存知ですか?
歯科界では1本50万円の価値があると言われています。

インプラントの治療は高額ではありますが、このように歯の1本の価値を考えると決して飛び抜けて高額なものではありません。
手の指が一本なくなり、50万円で元に戻ると言われれば、おそらく多くの方が治療を受けられると思います。歯も指も同じく失ったら二度と元には戻りません。本数が多いため軽視されがちですが、同様に重視していただきたいと思います。

治療の条件は、治療予定の場所に骨がしっかりとあることです。骨が足りないとインプラントを埋め込むことができないためです。骨が足りない場合は、骨増生手術を受ける必要があります。

治療後についても、毎日のケアが不十分であったり、定期的なメンテナンスを受けていないことで、インプラント周囲炎になる恐れがあります。インプラント周囲炎は、自然に治ることはないため、歯科医院で適切な処置を受けることが必要です。炎症が進行している場合は、インプラントを摘出する必要があったり、インプラントが突然抜け落ちてしまうことがあります。

インプラント治療によってこれらのような問題が起きないよう、正確な診断と定期的なメンテナンスが必要です。

ストローマンパートナー

※画像をクリックすると
ストローマンインプラントの
一般向けページが開きます。