リーフデンタルクリニック

054-293-7156

スタッフ募集

リーフデンタルクリニック

WEB予約 TEL
 

小児歯科

Occlusion

小児歯科

上手に治療を受けられるように

上手に治療を受けられるように

4歳以下のお子様は一人で上手に治療を受けることが難しいと言われてます。当院では、上手に受けられるように、治療チェアにタブレットを設置しております。アニメをみながら受けられるので、恐怖心が減ってスムーズに治療ができます。
それでも怖くて受けられないお子様は衛生士がお口を開ける練習から初めて段階的に治療を進めていきます。

生えたての歯はとてもデリケートです

生えたての永久歯は、乳歯と永久歯が混在することで歯並びがでこぼこしてしまう傾向にあり、表面が粗く汚れが付きやすかったり、抵抗力が低い状態です。つまり、虫歯になりやすいデリケートな時期ということです。

また、永久歯がなかなか生えてこなかったり、乳歯が抜けないなど、この時期のトラブルはつきものです。お子様の歯に異常を感じたら、お早めにご相談ください。

フッ素の費用

塗布代はお子様の定期検診の中で必ず塗ります。定期検診の500円の範囲の中で塗ることができますので、塗布代は無料です。

虫歯になりにくい口へ

虫歯になりにくい口へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、虫歯菌はいないと言われています。では、なぜ虫歯になるのでしょうか?

虫歯は感染症です。つまり、お口のスキンシップなどを通して周囲の大人の方からお子様のお口に虫歯菌がうつり、虫歯に感染してしまうのです。
食器も別にすることもご両親が意識を高く取り組んでも、おじいちゃんおばあちゃんが知らずにお口のスキンシップや食器の共有を行ってしまうことも多いです。2世帯同居のご家族は要注意です。お子様に関わる方全員で知識を共有することが大事です。

虫歯菌に感染しやすい時期は、生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間です。
この生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間に、お子様と同じ箸やスプーンを共有しない、咬み与えをしない等、お口のスキンシップを控えることで、成長した時の虫歯の本数を少なくすることができます。

また、24才(またはその前後)を過ぎると、新しくできる虫歯の本数はとても少なくなります。お子様への虫歯菌の感染に十分注意しながら、成人まで虫歯のない健康な歯を維持することができた場合、一生、虫歯のない健康な歯でいられる可能性が高いということが言えます。

虫歯の予防

歯磨き指導
1.歯磨き指導

お子様が歯磨きを好きになるように丁寧に指導いたします。
歯磨き、ブラッシング指導では、虫歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら、歯科衛生士が丁寧に指導していきます。

フッ素塗布
2.フッ素塗布

萌出したばかりの乳歯は歯質がまだ脆弱なため、歯の表面にフッ素を塗布することにより、唾液中に含まれるミネラルを取り込みやすくすることで再石灰化を促進します。
医院用の高濃度フッ素とご自宅用の低濃度フッ素の併用が効果的です。

シーラント
3.シーラント

虫歯になりやすい奥歯の溝の部分にプラスチックを流し込み、虫歯の予防をする処置です。歯を削らずに行えるため、痛み無く治療できるのが特徴です。